自動翻訳・熟考は人間と同じように考えて翻訳するまったく新しい自動翻訳です。webサイト上で翻訳することで高精度の自動翻訳を実現しています。

自動翻訳【熟考】 熟考 TOP 部門・全社導入 サイトマップ

熟考の特徴

自動翻訳【熟考】の精度のヒミツ

  • 熟考の特徴
  • 精度のヒミツ
  • 熟考の機能・スペック
  • 翻訳ソフトとの違い

【熟考】は前後の文脈を判断して翻訳するから高精度です

複数の意味を持つ多義語、「operation」「cataract」を含む文章で
検証してみましょう。

If you have an operation to remove cataracts


参考:
operation…作動、作用、運転、実施、作戦、手術、事業、など
cataract…大滝、豪雨、白内障
                              『新グローバル辞典』より

従来の自動翻訳では、辞書データベースで用語を検索し、その結果得られた訳語に「置き換え」てから用語をつなぎあわせます。
これでは多義語を文脈にあわせて訳し分けることができないため、精度の低い翻訳結果になってしまいます
従来の翻訳
【熟考】は、単語に分解して置き換えるのではなく、センテンスをひとつの塊ととらえ、文を構成する要素間の結びつきを独自の技術で判断します。

この例文の場合、「operation」と「cataract」に強い関係性を見出すことによって、多数の訳語候補の中から最適な用語を選択しました。
【熟考】の翻訳
【熟考】は、その膨大な辞書データベースと独自の解析ロジック・検証技術によって前後の文脈を判断することで、高い翻訳精度を実現した次世代の自動翻訳です。
自動翻訳【熟考】のご利用をお考えのお客様