自動翻訳・熟考は人間と同じように考えて翻訳するまったく新しい自動翻訳です。web・MicrosoftOffice・PDFを翻訳します。

自動翻訳・熟考 熟考 TOP お問い合わせ サイトマップ

自動翻訳『熟考』の特徴

自動翻訳『熟考』の機能・スペック

  • 熟考の特徴
  • 精度のヒミツ
  • 熟考の機能・スペック
  • 翻訳ソフトとの違い

自動翻訳編集オプション
文書を翻訳する「全文翻訳」オプション
センテンスや段落、文書・文献を一括で翻訳します。
英語原文なら12,000ワード、日本語原文なら24,000文字を(A4で約60ページ相当)、いちどに翻訳可能です。

また様々な機能によって翻訳業務をサポートします。
  1. 翻訳機能
      テキスト翻訳:入力した文章を翻訳
      ファイル翻訳:Word、Excel、PowerPoint、PDFを翻訳
      Web翻訳  :URLを入力するだけでwebサイトを翻訳
  2. 自社に合わせてカスタマイズ「用語集指定機能」
  3. 熟考のスペック

テキスト翻訳機能
webサイトに翻訳したい文章を貼り付けてボタンを押すだけの簡単操作です。
前後の文脈を「熟考」が自動的に判別することで、各分野に合わせた適切な翻訳を行います。
社内用語などあらかじめ訳語を特定しておきたい場合には、用語集を使うことで翻訳結果に反映されます。
(詳しくは「用語集指定機能」の説明をご参照ください)
熟考「全文翻訳」テキスト翻訳
翻訳結果は画面に表示されますが、他にもメールで受信したりデータをダウンロードすることができます。
  1. メールで受信(指定した場合のみ)
  2. 訳文のみをテキスト形式でダウンロード
  3. 原文と訳文を対訳でCSV形式でダウンロード

このページのトップへ
ファイル翻訳機能
ファイルをアップロードして翻訳ボタンを押すだけで、Microsoft(R)「Word」「Excel」「PowerPoint」「PDF」を自動翻訳。
原文のレイアウトを保持したまま、翻訳結果を上書きします。

対応拡張子:ワード「.doc」「.docx」、エクセル「.xls」「.xlsx」、パワーポイント「.ppt」「.pptx」、PDF「.pdf」 *
*PDFは、画面上で文字部分のコピーできるPDFファイルを自動翻訳します。

社内用語などあらかじめ訳語を特定しておきたい場合には、用語集を使うことで翻訳結果に反映されます。
(「用語集指定機能」の説明をご参照ください)
熟考「全文翻訳」Word翻訳
翻訳結果は、原文と同じ形式でダウンロードできます。(PDFの自動翻訳結果はワードに変換されます)

また、「テキスト翻訳機能」同様、翻訳結果を画面上に表示させたり(この場合は文字情報のみ)、メールで受信またはデータでダウンロードすることも可能です(いずれも文字情報のみ)。
  1. メールで受信(指定した場合のみ)
  2. 訳文のみをテキスト形式でダウンロード
  3. 原文と訳文を対訳でCSV形式でダウンロード

このページのトップへ
Web翻訳機能
翻訳したいWebサイトのURLをブラウザに貼り付けてボタンを押すだけで、そのページを丸ごと翻訳します。

社内用語などあらかじめ訳語を特定しておきたい場合には、用語集を使うことで翻訳結果に反映されます。。
(「用語集指定機能」の説明をご参照ください)
熟考「全文翻訳」Web翻訳
↓
熟考「全文翻訳」Web翻訳
翻訳結果は、原文と同じレイアウトで確認できます。

「テキスト翻訳機能」同様、文字情報だけを画面に表示させたり、メールで受信またはデータでダウンロードすることも可能です(いずれも文字情報のみ)。
  1. メールで受信(指定した場合のみ)
  2. 訳文のみをテキスト形式でダウンロード
  3. 原文と訳文を対訳でCSV形式でダウンロード

このページのトップへ
用語集指定機能
自社特有の固有名詞や、社内や業界で訳語を指定されている用語などは、「指定用語」として【熟考】に登録しておくことができます。
英語と日本語を1対1で対応させ、CSVデータにしてアップロードするだけです。(用語集は3ファイルまで登録可能、差し替えや削除は随時おこなっていただけます)

用語集を反映させるかどうかのオン・オフは、用語集ファイル単位で切り替えることができます。翻訳する文書に応じて、適宜用語集を設定できる仕組みです。

このページのトップへ
全翻訳のスペック
翻訳対象言語
英語
英語から日本語および日本語から英語)
翻訳エンジン
自社開発
辞書収録数
合計2200万対訳以上
※医薬・バイオ・化学・技術・ITなどの
専門技術分野に対応
※毎月アップデートあり(無料)
翻訳スピード
英文400ワードまたは日本文800文字
※独自の解析ロジック・検証技術によって、前後の文脈を判断しながら翻訳するため、平均所要時間は、A4・1〜2ページあたり3〜5分程度となります。
いちどに翻訳できる文字数
英文12000ワード、日本文24000文字まで
使用するパソコンの容量
とくに制限はありません
使用するパソコンのメモリ
とくに制限はありません
使用するパソコンの環境
インターネットに接続されていること
対応ブラウザ
Microsoft Internet Explorer 6 (Windows XP SP3) 以降
※その他ブラウザで利用可能

自動翻訳【熟考】のご利用をお考えのお客様