【グローバル企業必見】国際競争を高めるための
働き方改革とは【AIの活用】

近年、「働き方改革」という言葉が広まっています。働き方改革とは、人々が個々の事情に応じて、多様な働き方を自分で選択を可能にするための改革を指します。そのことが、一人ひとりの業務の質を上げ、国際競争力を高めることに繋がります。

働き方改革において、AIの活用による業務効率化が注目されていますが、その1つがAI自動翻訳です。そこで、今回の記事では、働き方改革と翻訳業務の関係や、AI翻訳と従来型翻訳との違いについて解説します。

1.「働き方改革」と翻訳業務の関係

インターネット技術の進展や交通手段の発達により、マーケットが国際的に解放されるグローバル化が進んでいます。ビジネスのスピードが格段に速くなり、以前のような日本的なビジネスのやり方では国際競争力に勝てず、健全な事業の継続が難しいため、グローバル化に対応した働き方改革が求められています。

また、社会のグローバル化により、翻訳を必要とする機会も増えています。日本語と英語だけでなく、中国語やヨーロッパ、東南アジアの言語まで、翻訳業務は、国際的なビジネスチャンス獲得やパートナー提携において欠かせない作業になっています。

まずは、働き方改革による翻訳業務の関係を具体的に解説します。

1-1.働き方改革とは?

働き方改革は、多様な働き方を選択できるようにすることで、一億総活躍社会を実現するための改革を指します。現在、厚生労働省が中心となって改革を進めており、労働力を増やすための取り組みがなされています。

このような改革を進める社会背景としては、労働人口の減少や少子高齢化といった問題が挙げられます。日本が国際競争力を取り戻すためにも、社会全体で一丸となって問題に取り組まなければなりません。

1-2.経営と職場を圧迫する翻訳業務の増加

グローバル化により翻訳業務のニーズが増加している背景として、次のような内容が挙げられます。

〇海外ビジネスパートナーの増加
海外企業との提携や外国市場をターゲットとしたビジネスにより、国際取引が増加しています。ビジネスパートナーとの取引は、契約書を英語や取引先に応じた言語で作成する必要があります。

〇海外製品の輸入
グローバル化が進み、海外との物流が活発化しています。海外の製品を日本で販売する機会が増加した結果、外国語の説明書などを日本語に翻訳する必要があります。また、様々な国の製品を購買するときにも、翻訳が必要です。

〇日本の製品を海外で販売する機会の増加
日本製品を海外市場で販売する際は、認証取得などのために申請書類を作成しなければなりません。国際取引では、スピーディーな資料作成が必要とされています。国際特許を調査したり、海外の論文を読み込んで研究開発をしたり、他社差別化をすることも必要です。

〇外国人労働者の増加
企業のグローバル展開と労働人口の減少により、外国人労働者の受け入れが積極的に進められています。企業が外国人を受け入れるためには、社内マニュアルなどを外国語で作成する必要があります。また、現地の外国人スタッフとの円滑なコミュニケーションも不可欠です。

上記のような業務に対応するため、翻訳専門の社員を雇う企業も増えています。しかし、専門のスタッフを雇用すると費用が増加します。とはいえ、既存職員に翻訳業務を委ねると、従業員の負担が大きくなってしまいます。

そのため、グローバル化に対する課題を解決と、生産性を上げるような働き方改革を同時に進めることが大切です。

2.働き方改革を加速させる「AI翻訳」とは?

働き方改革の課題解決として、AIサービスの利用が挙げられます。AIは特定分野の作業において、人間の能力を凌駕するようになってきました。中でも、AIは自然言語処理の分野と相性が良く、AI翻訳の性能は年々進化しています。

例えば、従来の機械翻訳では、登録した文法で原文を分析する「ルールベースの機械翻訳」や、コンピュータに対訳データを与えて統計モデルを学習させる「統計的機械翻訳」がよく利用されていました。しかし、これらは人間による翻訳に比較すると精度が劣るという課題がありました。

そこで登場した技術が、ディープラーニング(深層学習)をベースとした「ニューラル機械翻訳」です。ニューラルとはニューラルネットワークの略で、人間の脳神経から着想を得たコンピュータの数学モデルを指します。ニューラルネットワークを使うと、人間が自然に行う学習のやり方をコンピュータに適用させるディープラーニングの搭載が可能となり進化が加速しています。

続いては、AI自動翻訳が持つ特徴を具体的に解説します。

2-1.最新のAI翻訳が持つ魅力的な特徴

プライベートでの利用として無料の翻訳サービスを利用される方も多いと思いますが、ビジネスユースで使われるAI自動翻訳が登場してきています。その魅力的なメリットしては、次のような特徴が挙げられます。

〇高い翻訳精度を持つ
AIによる自動翻訳は、人間による翻訳に近い精度を持っています。中には、プロの翻訳家が翻訳したものと比べて最大95%の精度を誇る自動翻訳サービスもあり、訳文の正確さが向上しています。

〇自然な訳文を出力する
AIのアルゴリズムは、前後の文章を認識しながら的確な文を作成するため、自然な訳文を出力します。自然な訳文の出力により、長文の資料や議事録の作成も可能です。

〇多言語の翻訳に対応する
AI技術による自動翻訳は、英語だけでなく中国語・スペイン語・ポルトガル語・ドイツ語・ロシア語など様々な言語も翻訳できます。

〇専門用語の翻訳にも対応できる
自動翻訳サービスによっては、分野ごとに翻訳エンジンを選択する機能を備えています。この機能により、同じ単語でも専門分野ごとで訳し方が異なる場合の対応ができるため、専門用語の翻訳の精度が向上しました。

〇学習機能により精度が向上する
最新の自動翻訳は学習機能を搭載しています。今までの翻訳結果をデータベースに蓄積するため、使い続けるほど精度が向上します。

〇企業毎の社内用語・独特の言い回しなども学習して対応が可能
企業ごとに異なる社内用語・独特の言い回しなども学習して、翻訳が可能です。
また、担当者により訳文が異なるなど業務の属人化リスクが少なくなり、業務の標準化に有効といえます。

このように、AI翻訳は進化を遂げ、プロの翻訳者と同じレベルに達してきています。

3.AI翻訳と従来型方法の違い

現在翻訳会社を利用している場合には、AI翻訳と従来型の方法でどれほど翻訳の性能が違うのか気になる方も多いではないでしょうか。
そこで、まずはAI翻訳と従来型の方法の特徴について、簡易的な比較表でその違いについて確認してみましょう。

AI翻訳サービス 無料サービス 翻訳ソフト 外部委託
セキュリティ ×
翻訳精度 ×
コスト&スピード ×

この表から、AI翻訳はセキュリティ・翻訳精度・コスト・スピードと様々な面において優れていることが分かります。

最後は、AI翻訳が優れている理由について具体的に解説します。

3-1.無料サービスと比べて高度なセキュリティに守られている

現代では、いくつかの企業が無料のインターネット翻訳サービスを提供しています。無料のインターネット翻訳サービスは、手軽に利用でき精度も年々高くなっています。

 

ただし、翻訳サービスのビジネス利用においては、セキュリティ対策の実施が重要です。企業の経営層は、インターネット翻訳サービスが気軽に利用できる状況を危惧しています。情報漏洩リスクを考えると、社内文書をインターネット上に流す行為は禁止することが無難です。

一方、AI翻訳はセキュリティレベルの高いクラウドシステムを採用しています。サーバーを不正なアクセスから保護し、データ通信には暗号化システム(SSL)を利用するため、情報漏洩の不安は少なくなります。

3-2.翻訳ソフトと比べて高い翻訳精度を誇る

翻訳ソフトとは、一般的にパソコンにインストールして使うタイプのソフトウェアを指します。翻訳ソフトの場合、外部へのネット接続がないクローズドな環境でも利用できるため、セキュリティには問題がありません。

ただし、インストール型の翻訳ソフトは、自前のPCにソフトウェアをインストールするため、マシンパワーに限界があります。よって大半の翻訳ソフトは、PCに負担をかけない旧式の「ルールベース機械翻訳」を採用しています。
「ルールベース機械翻訳」を採用した翻訳ソフトは、あらかじめ定められた規則によって翻訳するため、規則性がない文章の翻訳精度は低くなります。

一方、AI翻訳であればサーバー上にある高性能のコンピュータを利用できます。ディープラーニングのような高性能のアルゴリズムを導入できるため、高い翻訳精度を実現できます。

3-3.翻訳会社への委託と比べて低コストで翻訳できる

外部の翻訳専門会社は、依頼時に秘密保持契約を締結できるためセキュリティ対策が可能です。また、翻訳精度に関しても、翻訳を専門とするプロの翻訳者であれば自然な文章を作成します。

ただし、翻訳会社への委託は料金の高さが大きなデメリットとなります。翻訳会社へ委託した場合、料金は1文字もしくは1ワード当たりの単価で計算されます。書類が多くなればなるほど、料金が高くなり企業の負担は増加します。

さらに、人間による翻訳はコンピュータと比較して非常に時間がかかります。スピード感が重視される現代のビジネスにおいては、致命的なリスクにもなりかねません。

AI翻訳はその多くが定額制であり、翻訳書類が多いほど利用者側にメリットがあります。さらに翻訳スピードは人間と比較して圧倒的に速く、翻訳作業による仕事のタイムロスを最小限に抑えられます。

まとめ

「働き方改革」が進んでおり、業務の効率化が命題となっています。またグローバル化により企業の国際競争力をつけていくことが必要な時代です。その方法として、AIの活用が注目されており、特に翻訳分野ではAI翻訳サービスが進化しています。

今回の内容を参考に、ぜひAI翻訳を取り入れた働き方改革を実施し、業務効率化や生産性向上を検討してみてください。AI翻訳をいち早く導入すれば、利用していない他の企業と大きな差を出すことができるでしょう。

> 外国語業務の効率化・コストダウンに役立つ資料はこちら

T-4OOはあらゆる翻訳シーンの効率化にお応えします

お電話でのお問い合わせ
0120-105-891
(平日9:00-18:00)

個人での利用をお考えの方はこちら
『T-4OO』のパーソナル版
専門文書を、1円で翻訳。「アイちゃん」

機密情報から個人情報まで徹底管理
安心して御依頼頂ける様、Pマークを取得しております